男性更年期障害に男性ホルモン補充治療法

男性の更年期障害の原因も、女性の更年期障害と同様に、ホルモンバランスの変化によります。
男性ホルモンの低下は、性欲の低下だけでなく、うつ病や情緒不安定など消極的な精神状態をもたらします。
ですから、男性更年期障害の原因である男性ホルモンの分泌不足を補うために、男性ホルモンのなかで最も生理活性が強いテストステロンを補充する治療法が一般的に行われています。

2〜3週間に1回に男性ホルモン補充を行い、3回の男性ホルモン補充で効果がわかります。

男性ホルモン補充療法による副作用は、体液が溜まる浮腫(むくみ)の症状がでたり、にきびができたり、一時的に乳房が女性のように発達したりします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。