精神安定による更年期障害治療法

ホルモン補充治療法は、乳がんや子宮がん、重い肝機能障害、血栓症のある方には、副作用で症状が悪化する可能性があるため、投与できません。
ホルモン補充療法ができない方や精神的要因の多い症状の方には、自律神経調整薬や精神・神経用薬の抗不安薬や抗うつ薬が処方されます。
つまり、神経の高ぶりを鎮めるのです。
頭痛やイライラ、不安、不眠、うつ状態、手足のしびれなどの症状がある場合には効果を発揮します。
ひどい不眠がある場合には、睡眠薬を処方することもあります。

ただし、これらの代替療法は、エストロゲン補充療法を受けることができない方や精神的な症状が重い方には有効であるが、副作用の心配もあるので全ての方に適した治療法とはいえません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。